井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

編集作業で身に染みる緒形拳さん「芝居がヘタ」発言の真意

公開日: 更新日:

 新作映画の仕上げ編集はしんどくて手間のかかる苦しい作業だ。役者の無駄なセリフや動きを削ったり、いわゆる「演技の粗隠し」作業だ。ヘタな演出も手伝って、大袈裟でヘタな言い回ししかできなかった三文役者を、いかに芝居上手なヤツらに変身させるか、そこが“編集の腕の見せどころ”だ。カットとカットをどうつなぐかで、その役者が売れるかどうか、将来も左右する。20年ほど前の飲み会で、緒形拳さんに「『復讐するは我にあり』で主人公が木の下で立ったまま、人を刺し殺したばかりの血まみれの両手を自分の小便で洗って流すシーンは、ホンマの小便だったんですか?」と野暮を承知で聞いたら、

「そう。でも、現場でなかなか出なくてさ」

 と苦笑し、

「井筒さ、舞台でもそうだが、共演者に『今日のおまえの芝居はヘタだから、どうも噛み合わなかったな』って言われるとうれしいんだな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る