井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

編集作業で身に染みる緒形拳さん「芝居がヘタ」発言の真意

公開日: 更新日:

 新作映画の仕上げ編集はしんどくて手間のかかる苦しい作業だ。役者の無駄なセリフや動きを削ったり、いわゆる「演技の粗隠し」作業だ。ヘタな演出も手伝って、大袈裟でヘタな言い回ししかできなかった三文役者を、いかに芝居上手なヤツらに変身させるか、そこが“編集の腕の見せどころ”だ。カットとカットをどうつなぐかで、その役者が売れるかどうか、将来も左右する。20年ほど前の飲み会で、緒形拳さんに「『復讐するは我にあり』で主人公が木の下で立ったまま、人を刺し殺したばかりの血まみれの両手を自分の小便で洗って流すシーンは、ホンマの小便だったんですか?」と野暮を承知で聞いたら、

「そう。でも、現場でなかなか出なくてさ」

 と苦笑し、

「井筒さ、舞台でもそうだが、共演者に『今日のおまえの芝居はヘタだから、どうも噛み合わなかったな』って言われるとうれしいんだな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る