井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

「自由」と「平等」について、改めて考えさせられた

公開日: 更新日:

 アニメ映画ばかりが映画館で幅を利かせて、客を呼んでいる。嘆かわしい正月だった。あんなペタッとした奥行きのない画面のどこが面白いのかまったく分からない。なんて想像力のないヤツだとアニメおたくからバカにされそうだが、分からないものは分からない。雄大な風景の中で俳優たちの迫真の演技を見せる実写映画が見事に消え失せてしまった。60年代初頭からのあまたのアメリカ製の連続活劇テレビ映画の番組を、母親に「目が悪なるで!」と叱られながら夕飯も食わずに、テレビに穴があくほど見ていたテレビ第1世代のオレには、アニメは食いつきが悪いし、頼りない。汗の臭いもたばこの香りもムスタングのエンジンの熱さも全く伝わってこないのだ。

 正月らしい血湧き肉躍るスケールのデカい冒険活劇はほんとに見られなくなった。たかだかCG画像でごまかしたマーベルコミックの映画ぐらいだ。CGはリアルに描かれていてもしょせんCGアニメーション画だし、人の視覚細胞はすぐにこれはウソの世界だと見抜くから、真に迫ってくるはずもない。リチャード・バートンとイーストウッドがナチス相手に活躍する「荒鷲の要塞」や、リー・マービンやテリー・サバラスの「特攻大作戦」や「007・ダイヤモンドは永遠に」なんて、正月に見とかないとその年の計画が立てられなかった。まさしく生き方に影響したのだ。昔の正月を悔やむだけで年が明けてしまった。正月映画を見てないのに、おめでたいわけがない。トランプやゴーンの卑しい面構えをテレビで見ても何の感動もないし、目の毒だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る