初NHK大河で"マムシの娘"役 沢尻エリカに「ピッタリ」の声

公開日: 更新日:

 3月8日、NHKが来年1月スタートの大河ドラマ「麒麟がくる」の主な出演者を発表した。主人公の明智光秀役に長谷川博己が起用されたことはすでに公表されている。今回の注目は斎藤道三の娘・帰蝶(濃姫)を沢尻エリカ(32)が演じると発表されたことだろう。斎藤道三は“美濃のマムシ”と恐れられた戦国大名で、濃姫は織田信長に嫁いだとされる。

「濃姫は謎の多い歴史上の人物ですが、勝ち気なイメージがある沢尻に“マムシの娘”の役柄はピッタリといえます。沢尻は2016年にフジテレビの特別ドラマ『大奥』で時代劇初主演を果たしていますが大河ドラマは初めて。どんな演技を見せてくれるか今からファンは心待ちだと思います」(芸能評論家・佐々木博之氏)

 今回の発表で放送中の「いだてん」がますますかすんでしまいそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る