「いだてん」苦戦に落胆 中村勘九郎を支える"賢妻"前田愛

公開日: 更新日:

「1年半後に迫った東京五輪を『いだてん』でさらに盛り上げたい!」

 中村勘九郎(37)のそんな思いが込められていたというNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」が大苦戦している。初回視聴率は15.5%を記録したものの、最近は1ケタ台が続いている。

「落ち着いたらスタッフ、役者さんたちで“中締め”をやりましょうね!」――。スタート前に勘九郎は担当プロデューサーとこんな言葉を交わしたらしいが、最近はめっきり口数が減り、撮影現場には重苦しい空気が漂うようになったという。もはや、中締めどころではないだろう。

 実は「いだてん」の苦戦に勘九郎以上に肩を落としているのが、梨園で“理想の妻”といわれる愛夫人(35)だ。

「前田愛」として今も女優活動を細々と続けているが、“出しゃばらない”“控えめで献身的”“ひいき筋を大切にする”など梨園で悪口を言う人がほとんどいない賢夫人だ。勘九郎の公演があると、終演後はいつまでもロビーで頭を下げ続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  7. 7

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  8. 8

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    不快。大嫌い。しかし、こやつの話からわかったこともある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る