小松純也
著者のコラム一覧
小松純也プロデューサー

1967年、兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部在学中、「劇団そとばこまち」に在籍。卒業後、フジテレビ入社。19年3月、フジテレビを退社。現在、株式会社スチールヘッド代表取締役。共同テレビジョンのプロデューサーとして活動中。

「何が来ても面白く」がタモリ流 トラブルはヒットの好機

公開日: 更新日:

法則5=あえてアクシデントを楽しむ

 どんなビジネスでも、アクシデントやハプニングはつきものだ。トラブルにどう対処するかで成功、失敗が決まる。

 生放送を手がけるテレビマンは習い性になっているのかも知れないが、「チコちゃんに叱られる!」のプロデューサー・小松純也(52)は、ハプニングを面白がって仕事をしているという。

 小松が初めて生放送のディレクターを務めたのは、「笑っていいとも!」(1982~2014年)である。フジテレビの大人気バラエティーだ。

 小松は「何をやっても許される番組だった」と振り返る。司会を務めたタモリのおかげだという。

「中学のとき、学校に行ってなくて、『笑っていいとも』が始まったときから見ていました。別に屈折してたわけではないですが、学校があまり好きじゃなくて。まさか自分がそのディレクターをやるなんて想像していなかったので、プレッシャーでガチガチになりながら、タモリさんの楽屋に挨拶しに行ったら、『大丈夫だよ、俺が何とかするからさ』とおっしゃってくださって。タモリさんは『何が来ても面白くするから』というスタンスで構えていらっしゃる方だったので、僕らは思いつきみたいな企画でも自由にやらせてもらえた。楽屋でご一緒する機会が割とあったんですけど、不思議な方で、ずっと2人で相撲中継を無言で見ていても、気まずくならない。僕が勝手にそう思っているだけかもしれませんが、本当にステキな方です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る