小松純也
著者のコラム一覧
小松純也プロデューサー

1967年、兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部在学中、「劇団そとばこまち」に在籍。卒業後、フジテレビ入社。19年3月、フジテレビを退社。現在、株式会社スチールヘッド代表取締役。共同テレビジョンのプロデューサーとして活動中。

鶴瓶さんは“ドロ舟”と…数字がとれなくても乗ってくれる

公開日: 更新日:

法則4=1つの失敗に立ち止まらない

ダウンタウンのごっつええ感じ」や「SMAP×SMAP」など、フジ黄金期のバラエティー番組の制作に携わってきた小松純也(52)。「90年代のテレビコントとは小松純也の世界である」(作家・戸部田誠)とまで評価されている。

 しかし、意外にも大コケした番組も多いという。笑福亭鶴瓶からは、愛情を込めて「ドロ舟」呼ばわりされている。

「過去には結構ひどい結果を出しています。金曜7時のゴールデンタイムなのに視聴率5%以下とか。当時のフジテレビではあり得ない視聴率です。ゴールデンで平均14%、全日平均10%というころにレギュラー番組で3・7%だったこともあります。鶴瓶さんは、いまでも僕のことをドロ舟って言いますからね。この間、NHKで会った時、一緒にいた『チコちゃんに叱られる!』のMCをやっている岡村(隆史)さんに、『ドロ舟が当てたなぁ。こいつの企画に乗っかると沈む』『どんだけ俺がドロ舟に乗っけられたと思ってんねん』って話していました。鶴瓶さんは、『どうせあいつ数字とらへんけど』って沈むことが分かっていても乗ってくれるんですけどね。関係者が多いので、具体的な番組名は言えませんけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

もっと見る