小松純也
著者のコラム一覧
小松純也プロデューサー

1967年、兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部在学中、「劇団そとばこまち」に在籍。卒業後、フジテレビ入社。19年3月、フジテレビを退社。現在、株式会社スチールヘッド代表取締役。共同テレビジョンのプロデューサーとして活動中。

ターゲットを絞ると作り手の発想が狭まる

公開日: 更新日:

法則2=マーケティングに縛られない

 娯楽部門で視聴率1位に輝くなど、圧倒的な人気を誇っている「チコちゃんに叱られる!」。驚くのは、「本放送」(金曜19時57分~)だけでなく、「再放送」(土曜8時15分~)の視聴率も高いことだ。

 人気の秘密は、孫から祖父母まで家族一緒に楽しめることだ。プロデューサーの小松純也(52)も、「世代を超えて楽しめるのがテレビの王道」と語る。

 若い頃、小松が「どうにも歯が立たない」と思っていたのが、日本テレビで番組を作っていた五味一男(62)だという。

「僕がフジテレビでディレクターをやっていた頃、民放で視聴率2位でした。その後、1位に返り咲くのですけど、五味一男さんの番組に対しては、どうにも歯が立たないなと思って見ていました」

 五味は、日本テレビ系列で「マジカル頭脳パワー!!」(1990~99年)や「速報!歌の大辞テン」(96~2005年)、「エンタの神様」(03~10年)などを企画・演出した名物プロデューサーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  4. 4

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る