小松純也
著者のコラム一覧
小松純也プロデューサー

1967年、兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部在学中、「劇団そとばこまち」に在籍。卒業後、フジテレビ入社。19年3月、フジテレビを退社。現在、株式会社スチールヘッド代表取締役。共同テレビジョンのプロデューサーとして活動中。

モノ作りには団結が必須 さんまに学ぶ場の空気の和ませ方

公開日: 更新日:

法則3=まず現場の雰囲気をよくする

 どんなビジネスでも、ヒット商品は、良い組織や良い現場から生まれるものだ。

チコちゃんに叱られる!」のプロデューサー・小松純也(52)にとって、良い現場とはどういうものなのか。

「モノを作る時には、皆が一つの方向を向いていることが大事だと思います。例えば笑いのネタを詰めている間、スタッフが2時間現場で待つということがあります。セットも立って、カメリハもやったのに待たされるということもある。2時間もう一遍考えて構築しなおすことで、さっきのリハーサルより断然面白いものになるということが理解できていれば、待てるんです。面白いものを作るために、この時間は無駄ではないんだ、ということを皆が分かっていれば、スタッフは面白くなるよう全力を尽くします。逆に、もの作りではよくある場面なのでしょうが、皆がバラバラになって、これはいったい何をやっているんだという状況が起きてしまうと、面白いものは生まれないように思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る