小松純也
著者のコラム一覧
小松純也プロデューサー

1967年、兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部在学中、「劇団そとばこまち」に在籍。卒業後、フジテレビ入社。19年3月、フジテレビを退社。現在、株式会社スチールヘッド代表取締役。共同テレビジョンのプロデューサーとして活動中。

積み重ねたトライ&エラーの経験が新しいアイデアを生む

公開日: 更新日:

法則1=「あれ」と「これ」2つのモノを合わせる

「『あす』と『あした』はなにが違う?」――素朴な質問に答えられないと、5歳の女の子「チコちゃん」に、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られる。NHKの情報番組「チコちゃんに叱られる!」が大ヒットしている。子どもから高齢者まで楽しめる、今どき、貴重な人気番組である。

 番組作りの指揮を執っているのが、プロデューサーの小松純也(52)。これまで「ダウンタウンのごっつええ感じ」や「笑う犬の冒険」など、多くの人気番組を手がけてきた敏腕プロデューサーだ。ヒットが生まれない時代、どうやって人気番組を生み出しているのか。

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」というセリフや「5歳女児」という設定も、小松が発案したものだ。

「共同テレビのディレクターが『アイスクリームの賞味期限は?』と書かれた紙を持ってきて、こういう案外知らない雑学クイズをやりたいと言ってきたんです。その時、意外に知らないっていうところが面白いと思った。知っているか、知らないか、というクイズより『それ、知らなかったな』という気づきが面白いなと。気づきにポイントをおいて何かできないかという話になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る