4月8日が命日 岡田有希子さんの墓前には今も大勢のファン

公開日: 更新日:

 1986年4月8日、当時人気アイドルだった岡田有希子さん(享年18)が投身自殺を図り、帰らぬ人になった。

 あれから、もう33年。それでも命日の4月8日は、ファンにとって大切な日であり、今も亡くなった午後12時15分には、愛知県にある彼女の墓前で黙とうが行われる。今年は平日にもかかわらず、50人以上のファンが集まっていた。

「山本」と名乗る50代の男性は、「彼女が亡くなった時は心の整理がつかなくて、一度彼女のことを封印しました。亡くなって15年くらい経ってから、ようやくお墓に足を運びました。それからずっとお墓には来ていますけど、亡くなってから長い月日が経って、今では悲しむ時期も終わり、こうやってファンのみんなが元気で顔合わせができることがいいですよね」と明かす。

 別の会社経営者(45)はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る