4月8日が命日 岡田有希子さんの墓前には今も大勢のファン

公開日: 更新日:

 1986年4月8日、当時人気アイドルだった岡田有希子さん(享年18)が投身自殺を図り、帰らぬ人になった。

 あれから、もう33年。それでも命日の4月8日は、ファンにとって大切な日であり、今も亡くなった午後12時15分には、愛知県にある彼女の墓前で黙とうが行われる。今年は平日にもかかわらず、50人以上のファンが集まっていた。

「山本」と名乗る50代の男性は、「彼女が亡くなった時は心の整理がつかなくて、一度彼女のことを封印しました。亡くなって15年くらい経ってから、ようやくお墓に足を運びました。それからずっとお墓には来ていますけど、亡くなってから長い月日が経って、今では悲しむ時期も終わり、こうやってファンのみんなが元気で顔合わせができることがいいですよね」と明かす。

 別の会社経営者(45)はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  10. 10

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る