没後30年 永遠のアイドル岡田有希子を中森明夫氏振り返る

公開日:  更新日:

「今年は満30年の命日なので、ひとつの節目を迎えることになります」

 感慨深げに話すのは作家でアイドル評論家の中森明夫氏だ。4月8日は、岡田有希子が所属事務所「サンミュージック」(当時)がある7階建てのビル屋上から投身自殺した日。1984年に芸能界デビューし、トップアイドルの座に上り詰めたのもつかの間、2年後の86年、18歳の若さで帰らぬ人となった。

 自殺現場の四谷4丁目交差点には毎年大勢のファンが駆けつけ、持ち寄った写真の前に花を手向ける。そして、亡くなった午後0時15分に黙祷――。昨年は小雨が降りしきる中、現場近くのライブハウスから出てきた20代とおぼしき男女2人組が、岡田が初のオリコン1位を獲得した「くちびるNetwork」(松田聖子詞・坂本龍一曲)を演奏する光景が見られたという。

 毎年必ず現場を訪れ、手を合わせている中森氏。生前の岡田に会った時の印象について尋ねると「えくぼのある、はにかんだ笑顔は今でも目に焼き付いている。圧倒的な優等生でしたよね」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る