没後30年 永遠のアイドル岡田有希子を中森明夫氏振り返る

公開日:  更新日:

「今年は満30年の命日なので、ひとつの節目を迎えることになります」

 感慨深げに話すのは作家でアイドル評論家の中森明夫氏だ。4月8日は、岡田有希子が所属事務所「サンミュージック」(当時)がある7階建てのビル屋上から投身自殺した日。1984年に芸能界デビューし、トップアイドルの座に上り詰めたのもつかの間、2年後の86年、18歳の若さで帰らぬ人となった。

 自殺現場の四谷4丁目交差点には毎年大勢のファンが駆けつけ、持ち寄った写真の前に花を手向ける。そして、亡くなった午後0時15分に黙祷――。昨年は小雨が降りしきる中、現場近くのライブハウスから出てきた20代とおぼしき男女2人組が、岡田が初のオリコン1位を獲得した「くちびるNetwork」(松田聖子詞・坂本龍一曲)を演奏する光景が見られたという。

 毎年必ず現場を訪れ、手を合わせている中森氏。生前の岡田に会った時の印象について尋ねると「えくぼのある、はにかんだ笑顔は今でも目に焼き付いている。圧倒的な優等生でしたよね」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る