由紀さおり
著者のコラム一覧
由紀さおり歌手

1948年、群馬県桐生市生まれ。3歳で横浜へ。ひばり児童合唱団出身。洗足学園短期大学英文科卒。1969年、「夜明けのスキャット」が大ヒット。紅白歌合戦に10年連続出場。実姉の安田祥子とも童謡コンサートを続け、2011年に発売したピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム「1969」が世界的大ヒットを記録した。

父親が大反対した一回り年上のCMディレクターとの結婚

公開日: 更新日:

 短大卒業の20歳の時に「夜明けのスキャット」がヒットし、結婚が同じタイミングでした。とっても複雑な気持ちでしたね。相手はコマーシャルソングをたくさん作っていたディレクターの大森昭男さんです。私が中学3年生の時から知っている方でした。昨年3月に亡くなられましたが、当時はCMディレクターとして活躍する有名な方でした。

 その後、「君のひとみは10000ボルト」とか「熱き心に」「ウイスキーが、お好きでしょ」といったCMを世に出した方です。

 プロポーズされたのは高校3年の時。大森さんは1回り年上で、その時は30歳でした。だからすごく大人だったわ。その時の私はデビュー曲の「ヒッチハイク娘」が売れなくて落ち込んでたでしょ。レコード歌手になるのも諦めて。

 そんな時に同じように音楽を目指していたお姉ちゃんと私と、母まで一緒にジルベール・ベコーとかポール・モーリアのコンサート、バレエとかいろんな芸術鑑賞に連れていってくれました。私を触発して、やる気を起こさせようとしたのね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る