由紀さおり
著者のコラム一覧
由紀さおり歌手

1948年、群馬県桐生市生まれ。3歳で横浜へ。ひばり児童合唱団出身。洗足学園短期大学英文科卒。1969年、「夜明けのスキャット」が大ヒット。紅白歌合戦に10年連続出場。実姉の安田祥子とも童謡コンサートを続け、2011年に発売したピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム「1969」が世界的大ヒットを記録した。

父親が大反対した一回り年上のCMディレクターとの結婚

公開日: 更新日:

 短大卒業の20歳の時に「夜明けのスキャット」がヒットし、結婚が同じタイミングでした。とっても複雑な気持ちでしたね。相手はコマーシャルソングをたくさん作っていたディレクターの大森昭男さんです。私が中学3年生の時から知っている方でした。昨年3月に亡くなられましたが、当時はCMディレクターとして活躍する有名な方でした。

 その後、「君のひとみは10000ボルト」とか「熱き心に」「ウイスキーが、お好きでしょ」といったCMを世に出した方です。

 プロポーズされたのは高校3年の時。大森さんは1回り年上で、その時は30歳でした。だからすごく大人だったわ。その時の私はデビュー曲の「ヒッチハイク娘」が売れなくて落ち込んでたでしょ。レコード歌手になるのも諦めて。

 そんな時に同じように音楽を目指していたお姉ちゃんと私と、母まで一緒にジルベール・ベコーとかポール・モーリアのコンサート、バレエとかいろんな芸術鑑賞に連れていってくれました。私を触発して、やる気を起こさせようとしたのね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る