日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芸能界では普通でも “年の差婚”年下女性とどこで出会う?

 くりぃむしちゅーの有田哲平(45)が合コンで知り合った1回り以上若い女性と結婚した。いつものことながら芸能界は年の差婚が多い。俳優の吉田鋼太郎(57)は22歳下の銀座ママと、トライセラトップスのボーカル和田唱(41)は11歳下で女優の上野樹里(30)と一緒になった。女優の木村文乃(29)の相手も10歳上の演技講師(39)である。

 もっとも、年の離れた有名人との結婚は、激しい嫉妬の対象となりやすい。人気漫画家の藤島康介氏(52)が、31歳下のコスプレーヤーとデキ婚したケースは、ネット上でバッシングの嵐となった。

 なにしろ一般的に年の差婚はレアケースだ。国立社会保障・人口問題研究所が実施した第15回出生動向基本調査によると、未婚女性(18~34歳)が希望する結婚相手との年齢差で最も多かったのが、「1~2歳年上」(29.6%)だった。次いで「同じ年」(28.4%)で、年下から2歳差までが6割以上を占める。この傾向は10年以上変わっておらず、「7歳以上年上」はわずか5.6%。実際の夫婦の年齢差(過去5年に結婚した夫婦)も2.2歳である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事