まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

公開日: 更新日:

「また何か楽しいことがしたい!」--17日に自身のインスタグラムでこうつづった剛力彩芽(26)。先月末、7年間パーソナリティーを務めたラジオ番組「剛力彩芽 スマイルs2スマイル」(ニッポン放送)の終了後、サンスポのインタビューに対し〈私はこの仕事を辞める気はないので……。剛力彩芽という存在はこれからも進化し続けて皆さんの前にいたいと思います〉と“女優続投宣言”をした。

 しかし、剛力にやる気があろうが、ZOZOの前澤友作社長(43)との交際発覚以来、仕事がめっきり減ってしまったのは事実だ。ラジオ番組の終了だけではない。今年1月にはファンクラブは閉鎖され、山崎製パン「ランチパック」などのCMも次々に終了。テレビ番組のレギュラーは「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)1本だけになってしまった。

「剛力は2年前までは明らかに人気女優だったわけで、オスカーという看板を背負ってきた自負もあるはずです。13日夜にお笑いコンビ『ヴェートーベン』の単独ライブにゲスト出演し、『まだまだ挑戦していきます』と語りました。彼女の女優としての意地のようなものを感じました」(芸能ライター・弘世一紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る