城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

「なんかモヤモヤ」投稿で破局が噂される剛力彩芽の今後は

公開日: 更新日:

 ZOZOTOWNの前澤友作社長(43)がツイッターを休止すると宣言したことが話題になった。

 2019年3月期通期の連結業績予想を下方修正したり、株価も急落したりというので、本業に集中するというのもわかる気がする。彼のツイッターでは、あの剛力彩芽(26)との熱愛ぶりがたびたび登場していて、昨年はサッカーのワールドカップの観戦のために自家用ジェットでロシアを往復したこともツイートされた。それらの行動を批判する人も多く、本業専念を宣言するのも当然だろう。

 一方で、剛力の女優としての露出は、ずいぶん減ってしまっていた。昨年は連ドラ1本と舞台1本という仕事内容で、CMも次々に終了。前澤氏と出会う前の一昨年は、連ドラ2本、特番2本、さらにネット系ドラマやCMも多かった。

 特にCMがなくなると、黙っていても毎日、目に飛び込んできた彼女の露出が消え、急激に“現役感”が減ってしまう。もはや女優として終わったとみる視聴者もいる。 その剛力が前澤社長のツイッター休止宣言の前日、自身のインスタグラムで「自分のこと愛せないと周りの人のことも愛せないのかな? なんかモヤモヤしてる、難しいなぁ」とコメントしていた。意味は理解不能だが、気になるところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る