剛力彩芽の理想は「26歳」…ZOZO前澤氏との結婚確率は?

公開日:

 昨年暮れもフリーアナウンサーの高橋真麻やEXILEのMAKIDAIといった有名人の“駆け込み婚”が相次いで明らかになった。ドサクサに紛れて発表されたせいもあるが、最近の熱愛ニュースの賞味期限はせいぜい1週間程度。そんな中、昨年を通して話題を提供し続けてくれたのが、女優・剛力彩芽(26)とZOZOの前澤友作社長(43)のカップルだった。

 昨年4月に交際が発覚した2人は、お互いのSNSでの“おノロケ投稿”で世間のバッシングを浴び続けたが、意に介するそぶりすら見せず、今は2023年の民間人初の月周回旅行が注目されている。前澤氏の月旅行を題材にしたハリウッド映画の製作も進行しているそうで、ウソかホントか、あのレオナルド・ディカプリオの協力が得られるかもしれないという報道もあった。

「交際発覚当初は、世間に前澤氏のことがそこまで広く認知されていなかったため、『実業家のたわむれに恋愛経験の少ない若手女優が利用された』と剛力に同情的な記事が目立ちました。ところが、前澤氏はアンチの予想をはるかに凌駕する行動を連発しました。莫大な資金を惜しげもなく使い、これまでの日本人の感覚ではあり得ないスピードで、夢をひとつひとつ実現させています。2人のハリウッドデビューも案外あり得るかもしれません。今年も2人から目が離せません」(芸能ライター・弘世一紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る