小坂明子さん「世界歌謡祭で名前を呼ばれた瞬間光が…」

公開日: 更新日:

 代表曲「あなた」のヒットから45年。小坂明子さん(62)にとって、平成を経て令和の時代にも引き継がれる名曲が生まれた瞬間は劇的だった。

  ◇  ◇  ◇

「あなた」の発売は1973年12月。私はまだ高校2年生、16歳でした。父が音楽家で私が通ったのは大阪音大付属高校。将来の夢は大学を卒業して父と同じ音楽家の資格を取ることだったので、歌手になるという選択肢はゼロでした。そんな中で生まれて初めて作詞作曲したのが「あなた」。好きとか愛という言葉を使うラブソングは嫌だな、私ならこうしたいと思って初めて作った曲でした。

 曲を作ったのは高1の2月でした。それがヤマハポピュラーソングコンテスト(ポプコン)京都大会で入賞し、8月に関西の決勝大会、10月に合歓の郷リゾート(三重・志摩半島)で決勝大会が行われてグランプリを獲得、11月に日本武道館の世界歌謡祭に出場することになりました。あれよあれよです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る