小坂明子さん「世界歌謡祭で名前を呼ばれた瞬間光が…」

公開日: 更新日:

 代表曲「あなた」のヒットから45年。小坂明子さん(62)にとって、平成を経て令和の時代にも引き継がれる名曲が生まれた瞬間は劇的だった。

  ◇  ◇  ◇

「あなた」の発売は1973年12月。私はまだ高校2年生、16歳でした。父が音楽家で私が通ったのは大阪音大付属高校。将来の夢は大学を卒業して父と同じ音楽家の資格を取ることだったので、歌手になるという選択肢はゼロでした。そんな中で生まれて初めて作詞作曲したのが「あなた」。好きとか愛という言葉を使うラブソングは嫌だな、私ならこうしたいと思って初めて作った曲でした。

 曲を作ったのは高1の2月でした。それがヤマハポピュラーソングコンテスト(ポプコン)京都大会で入賞し、8月に関西の決勝大会、10月に合歓の郷リゾート(三重・志摩半島)で決勝大会が行われてグランプリを獲得、11月に日本武道館の世界歌謡祭に出場することになりました。あれよあれよです。

 合歓の郷でグランプリを取ったくらいから、デビューの話もポツポツあって、周りの大人がワタワタしているのがわかりました。そんな中で迎えた世界歌謡祭。宿泊した会場近くのホテルから出場者43組が全員、バスで武道館まで移動したのですが、すごいベテランばかり、リハーサルでもうまい。最年少の私は舞台裏でガクガクし、どうなっちゃうんだろうと不安でいっぱいでした。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方