月亭方正さんの落語家転身は先輩・東野幸治のアドバイスで

公開日: 更新日:

 “いじられキャラ”で「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」ほか、バラエティーで活躍した山崎邦正さん(51)。落語家・月亭方正と名乗り7年目になるが、転身の理由とは……。

  ◇  ◇  ◇

 あの日はホンマ、衝撃的でした。今から11年前(08年)の春先、40歳になってすぐの頃。桂枝雀師匠の「高津の富」(江戸落語では「宿屋の富」)を初めてCDで聴いた時のことですわ。

 それまではテレビ中心のお笑い芸人やったから、「テレビは古典をつぶしていくもんや」と勘違いしてました。ところが、“枕”を聴いた途端、「あれ?(意外と)おもろいやん」と耳をそばだて、富籤が当たるくだりからはグイグイ引き込まれたんです。

 これをきっかけに、暇さえあれば枝雀師匠のCD・DVD全集をずーっと聴きっぱなし。1日3席4席はザラやった。そして独学で覚えた「阿弥陀池」を初めてお客さんの前で披露したのがその年の5月。月亭八方師匠の勉強会「月亭会」です。八方師匠が吉本興業の先輩やからいうても、本来は畑違い。八方師匠の息子で飲み仲間の落語家、月亭八光に頼んだんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  2. 2

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  3. 3

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    杏が歩く大女優への道 “ポスト半沢直樹”でコミットされた

  6. 6

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

  7. 7

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  8. 8

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    <8>市試算でコスト増218億円 職員嘆くブラック、ハリボテ

もっと見る