“遅咲きの座長”川畑泰史さん 就任初公演の夜は小籔千豊と

公開日: 更新日:

 吉本新喜劇60周年記念のワールドツアー中の川畑泰史座長。サラリーマンからの転職、座長就任は入団16年の遅咲きだ。

  ◇  ◇  ◇

「これで互いに自分のことを考えるのはやめて、新喜劇のことを考えていけますね」

 小籔(千豊)君がしみじみとした口調でこう言うてくれたのを聞いてホンマ、心の底からホッとしました。2007年6月、座長に就任して初めての公演を終えた晩、遅い晩飯を食べに入った梅田の寿司屋やった。僕としては「待たせてすまんかったなあ」って気持ちでいっぱいやったんですけど、それは口にはできなくて。言わんでも小籔君ならわかってくれてる思うたから。

 小籔君は僕より6歳年下、NSC(吉本総合芸能学院)は3期下。最初は漫才コンビを組んどったから吉本新喜劇入団は01年。僕は91年に新喜劇に入ってるので年齢も芸歴でも先輩やけど、彼がいてなかったら座長になれてなかったと思うんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る