“遅咲きの座長”川畑泰史さん 就任初公演の夜は小籔千豊と

公開日: 更新日:

 吉本新喜劇60周年記念のワールドツアー中の川畑泰史座長。サラリーマンからの転職、座長就任は入団16年の遅咲きだ。

  ◇  ◇  ◇

「これで互いに自分のことを考えるのはやめて、新喜劇のことを考えていけますね」

 小籔(千豊)君がしみじみとした口調でこう言うてくれたのを聞いてホンマ、心の底からホッとしました。2007年6月、座長に就任して初めての公演を終えた晩、遅い晩飯を食べに入った梅田の寿司屋やった。僕としては「待たせてすまんかったなあ」って気持ちでいっぱいやったんですけど、それは口にはできなくて。言わんでも小籔君ならわかってくれてる思うたから。

 小籔君は僕より6歳年下、NSC(吉本総合芸能学院)は3期下。最初は漫才コンビを組んどったから吉本新喜劇入団は01年。僕は91年に新喜劇に入ってるので年齢も芸歴でも先輩やけど、彼がいてなかったら座長になれてなかったと思うんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  6. 6

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る