著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

テレ朝退社2カ月で 小川彩佳が元カレとバッティングの非情

公開日: 更新日:

 新生「NEWS23」(TBS系)がスタートした。メインキャスターは元テレビ朝日小川彩佳(34)。初日、白いスーツに身を固めた小川。気合を入れすぎたせいかメークも濃いめ。もともと派手な顔なのに大きな目をさらにグッと見開くから逆に怖い。何かに似ていると思ったら「ヒットエンドラーン」の鳥居みゆきだ。

 セットも一新され、雨宮塔子の時から比べるとお金がかかってる感じ。パイプオルガンを彷彿させる金ピカのセットは古巣「報道ステーション」を意識したものか。

 大きなテーブルの中央に小川、向かって右には唯一の居残りアンカー星浩、その他。

 初回。トップは、元エリート官僚が44歳の長男を殺害し逮捕された事件を扱ったが、「8050問題」を説明する際、80代の団塊の世代の親が50代の息子の面倒を見るうんぬんと村瀬健介が説明。今の80代を団塊の世代とは言わないのでは。

■頭でっかちの女子アナほどタチの悪いものはない

 別の日。小川が孫正義とのインタビューで世界的な頭脳を持つ13歳の少年の話をする際、「口が開いて塞がらなかったですね」と言ったが、「開いた口が塞がらない」とは呆れてモノも言えないことを言い、褒め言葉ではない。大丈夫かと心配になるレベル。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント