ミキ・亜生が「闇M-1開きたい」ブッコみ発言に場内大爆笑

公開日: 更新日:

 “漫才日本一”を決定する「M―1グランプリ2019」の開催記者会見が13日、ヨシモト∞ホール(東京都渋谷区)で行われた。

 昨年の覇者「霜降り明星」に加え、「ミキ」「トム・ブラウン」「見取り図」「ゆにばーす」ら期待の芸人9組が登壇。進行の陣内智則が「去年は霜降りよりも目立ったコンビがいましたので、それがないように。(とろサーモンの)久保田は反省して、最近はアニマルチャンネルばっかり見てるらしいです」とのっけからブッコむと会場は爆笑。

 記者から「優勝した場合の賞金1000万円の使い道と審査して欲しい人は?」と問われたミキの亜生は、「会社にナイショで“闇M―1グランプリ”を開こうと思ってるんです。すでにカラテカさんと楽しんごさんはエントリーが決まってるんですよ。審査員は宮迫さんにお願いしたい」と騒動になっている闇営業ネタで回答。陣内は慌てて「やめなさい!」とツッコんだ。

 昨年は4600組以上がエントリー。今年も8月の予選を皮切りに、12月の決勝戦を目指して、芸人たちのバトルが始まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

  10. 10

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

もっと見る