ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

叔父は上岡龍太郎 兄弟漫才の新星「ミキ」のポテンシャル

公開日: 更新日:

 漫才とは会話の芸である。漫才師の中に夫婦や兄弟でコンビを組む人がいるのは、親しい関係であれば初めから会話のリズムが噛み合っているという利点があるからだ。

 日常的に会話をしていて、お互いのしゃべる間合いが体で分かっているため、漫才の中でも自然な感じで会話を進めることができる。それが夫婦コンビや兄弟コンビの強みだ。

 中川家に続く兄弟漫才師の新星として注目されているのがミキの2人だ。昨年末の「M―1グランプリ」では、初めて進んだ決勝で最終3組にまで勝ち残り、その名を一躍全国区に知らしめた。

 彼らの漫才の魅力は、もちろん兄弟ならではの息の合った掛け合いである。ボケ担当の弟の亜生(29=写真左)が変なことを言うと、すかさずツッコミ担当の兄の昴生(31=同右)が甲高い声でそれを訂正する。それでも亜生がとぼけた様子を見せていると、どんどんツッコミの語気が強まり、感情もヒートアップしていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る