井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

上原多香子「母の日」投稿は“鍵付き”アカウントなのに炎上

公開日: 更新日:

 スマートフォンとSNSの普及は、その時その場での感情を手軽に友人知人と共有できるようにした。共通の体験や出来事での感動や達成感を倍増させた半面、話題や感動の賞味期限が短くなり「ネタ」消費の依存症のような状態が見て取れる。

 特に、悪いニュースや批判記事に対して炎上させることは、悪を懲らしめるのに一役買ったかのような正当性や満足感があるため、爽快感も格別だ。NGT48に所属する加藤美南の誤爆投稿にしても、敵の立場から自分たちを悪者扱いするような「悪のニュース」に対し、愚痴のような感想を仲間に披露して共有することで、憂さを晴らしてスッキリしたかっただけなのかもしれない。

 よくよく考えてみれば、今さらテレビに向かって「内容が気に入らない(=チャンネル変えて)」と言ってみたところで全体の状況が変わるわけでなし、せんないことだ。だが、そう思い至る前に手元のスマートフォンでSNSへアクセスし、投稿してしまっている。または、その後の反応や展開を予想するより先に投稿を終えており、いずれにせよ、もはや取り返しがつかない。加藤もあわてて投稿を削除したものの、目ざとく見つけたNGTファンによってすでに拡散(転載)されて、後の祭りだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  5. 5

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  6. 6

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  7. 7

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    安藤優子も…フジ“聖域”なきリストラの裏の深刻台所事情

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る