• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

斉藤由貴に今井&上原 芸能界騒がす肉食不倫女子の共通項

 斉藤由貴(50)、SPEEDの今井絵理子(33)、上原多香子(34)、初代アニーの山尾志桜里議員(43)ら、不倫がバレて大騒ぎになる有名人が後を絶たない。

 束の間のアバンチュール、危険な火遊びほど甘美で興奮するものはないだろう。しかし、それがバレたときに失うものの大きさは、かつての矢口真里やベッキーを思い出せば背筋も凍るはず。そう頭ではわかっていても、会いたい一心が勝るからこそ人の道を踏み外してしまうのだろうが、その姿を世間、とくに全盛期を知らない若者世代から見れば、年甲斐もなく肉食でキモイおばさんにしか映らない。

 彼女たちの共通項といえば、明らかに一線を越えている“証拠”が存在するにもかかわらず、場当たり的な言い訳をしてドツボにハマることだ。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「証拠写真があるのに“心は越えていない”なんて見え透いた自己弁護の釈明をしてしまうから、斉藤由貴さんのように後からキス写真が流出してキズを深くしてしまう。昭和の芸能人のように、たとえ嘘でも毅然として嘘をつき通すほどの度量もない。職業意識、プロ意識の低下といえるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る