桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

吉本騒動は池乃めだかに終了宣言してもらうしかない

公開日: 更新日:

いま調子ええ芸人だけダンマリ

 一番笑ったのは村上ショージ。「言われへん、お金借りてるから」と一言。東野幸治カラテカ矢部太郎の刊行記念トークショーで吉本をいじりまくってご満悦。「大家さんと僕」を「『岡本さんと僕』でええやん」とか「ツイッター上では不平不満ある芸人がつぶやいて、いま調子ええ芸人だけダンマリするっていう。そうでしょ? 千鳥とかぜんぜんつぶやけへんなあと思って」と。

 千鳥だけでなく、博多華丸・大吉や霜降り明星もナイナイ矢部、ダウンタウン浜田、今田耕司もだんまり組。

 松本人志は「ワイドナショー」で会社批判する若手に「文枝師匠みたいに女性のことだけ考えといたらええのに」と。この方が松本らしい。こうなったら、めだか師匠に「今日はこのへんにしといたるわ」と終了宣言してもらうしかない!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  4. 4

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  5. 5

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  9. 9

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  10. 10

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

もっと見る