野口被告が不気味な証言…吉本は闇営業“新物証”に戦々恐々

公開日: 更新日:

 闇営業問題で謹慎になっているレイザーラモンHG、くまだまさしら7人が、9月からの復帰に向けて動きだしている。これには松本人志が「彼らは嘘ついてない。1時間でも早く復帰させてあげて」と語ったことも大きな影響を及ぼしている。確かに7人は、何も知らずに反社会的グループの闇営業に参加させられたうえ、宮迫博之に口裏合わせをさせられたというのだから同情の余地は残る。だが簡単に復帰させて大丈夫なのだろうか。あるバラエティー番組のディレクターはこう話す。

「いざ本当に復帰となれば、みそぎもかねて吉本は猛プッシュしてくるでしょう。でもまだ過去にどんな闇営業が行われていたのか、すべての写真や動画が出切ったわけじゃありません。もし新たな物証が出てきたら、また再編集で乗り切るのかなど、ガイドラインも決まっていない。だから我々としては戦々恐々なんです」

■拘置所からの不気味なメッセージ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る