野口被告が不気味な証言…吉本は闇営業“新物証”に戦々恐々

公開日: 更新日:

 闇営業問題で謹慎になっているレイザーラモンHG、くまだまさしら7人が、9月からの復帰に向けて動きだしている。これには松本人志が「彼らは嘘ついてない。1時間でも早く復帰させてあげて」と語ったことも大きな影響を及ぼしている。確かに7人は、何も知らずに反社会的グループの闇営業に参加させられたうえ、宮迫博之に口裏合わせをさせられたというのだから同情の余地は残る。だが簡単に復帰させて大丈夫なのだろうか。あるバラエティー番組のディレクターはこう話す。

「いざ本当に復帰となれば、みそぎもかねて吉本は猛プッシュしてくるでしょう。でもまだ過去にどんな闇営業が行われていたのか、すべての写真や動画が出切ったわけじゃありません。もし新たな物証が出てきたら、また再編集で乗り切るのかなど、ガイドラインも決まっていない。だから我々としては戦々恐々なんです」

■拘置所からの不気味なメッセージ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  9. 9

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  10. 10

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

もっと見る