経営学から見る吉本問題「テレビ局が株主だから」の筋違い

公開日: 更新日:

 大企業トップとしてはあるまじき会見内容で醜態をさらした吉本興業の岡本昭彦社長(52)。お家騒動は今も沈静化していないが“笑いの総合商社”の異名をもつ同社を立て直すにはどうするべきか。立命館大学教授(経営学)の西山昭彦氏に聞いた。

  ◇  ◇  ◇

「会社のガバナンスをどうするかの指針がないと、経営者の会見として意味がない。本来は吉本興業が6月27日にホームページに掲載した『決意表明』に沿って説明し、現実問題への対処と今後の指針について説明することが第一でした。後付けになりますが、25日の経営アドバイザリー委員会設置の報告を、社長の会見で行うべきでした」

 吉本は岡本社長の“テープ回してないやろな”発言に象徴的なパワハラ体質が染み付いているようだが、内部からの変革は可能なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  8. 8

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る