経営学から見る吉本問題「テレビ局が株主だから」の筋違い

公開日: 更新日:

 大企業トップとしてはあるまじき会見内容で醜態をさらした吉本興業の岡本昭彦社長(52)。お家騒動は今も沈静化していないが“笑いの総合商社”の異名をもつ同社を立て直すにはどうするべきか。立命館大学教授(経営学)の西山昭彦氏に聞いた。

  ◇  ◇  ◇

「会社のガバナンスをどうするかの指針がないと、経営者の会見として意味がない。本来は吉本興業が6月27日にホームページに掲載した『決意表明』に沿って説明し、現実問題への対処と今後の指針について説明することが第一でした。後付けになりますが、25日の経営アドバイザリー委員会設置の報告を、社長の会見で行うべきでした」

 吉本は岡本社長の“テープ回してないやろな”発言に象徴的なパワハラ体質が染み付いているようだが、内部からの変革は可能なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  8. 8

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  9. 9

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る