樹木希林「命みじかし、恋せよ乙女」世界デビュー作公開

公開日: 更新日:

 樹木希林さん(享年75)の9月半ばの一周忌を前に、その遺作にして世界デビュー作となった映画「命みじかし、恋せよ乙女」が公開となる。死後も3本の映画が公開されたり、相次いで出版される本がベストセラーになるなど話題が尽きない中、「命みじかし――」も注目を集めそうだ。

「一般試写会では『改めて希林さんの魅力、存在感に圧倒された』という声が多数上がっています。とりわけ『あなた、生きてるんだから、幸せになんなきゃダメね』というセリフは人生に迷う主人公のみならず、現代を生きる私たち皆に投げかけてくれているようです」と、広報の山崎裕希子さんは言う。

 希林さんの役どころは、老舗旅館の女将。アルコール依存症にうつ、家族とのトラウマに苦しむドイツ人男性カール(ゴロ・オイラー)をあたたかく迎え入れて、その背中を押してやる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  6. 6

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  7. 7

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  10. 10

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る