太刀川正樹
著者のコラム一覧
太刀川正樹ジャーナリスト

1946年、東京生まれ。国際ジャーナリスト。早稲田大学教育学部英文科在学中、韓国国立ソウル大学語学研究所へ留学、韓国語を学ぶ。講談社の日本語版「ペントハウス」ニューヨーク特派員などを経験。著書・訳書に「政権交代」「平壌十五号官邸の抜け穴」「オリンピック30年」など。

朴槿恵前大統領の親族詐欺男性の言葉を信じたばかりに…

公開日: 更新日:

 この男性が私のマネジャーの肩書を勝手に使い、高級車の販売代理店から2億ウオン(約2000万円)相当のポルシェのリース契約をしました。毎月350万ウオン(約35万円)の60回の返済契約ですが、私は軽率にも保証人のサインをしてしまったのです。彼は済州島のホテルでの桂銀淑ディナーショーの架空の契約書(出演料は2億ウオンと書かれていたそうです)を偽造して、リース会社を信用させたのです。私は公演契約書の存在も知らず、ただサインをしてしまいました。私はポルシェすら見たことはありません。彼は2回分の支払いを済ませてから、すぐにポルシェを担保にして貸金業者から5000万ウオン(約500万円)の融資を受けて、その現金を持って姿を消しました。そのため保証人のサインをした私の元へ催促状が届くことになりました。

 韓国で32年ぶりに歌手活動再開の準備をしていた私にとっては寝耳に水の出来事でした。当時の私はこの男のためにリース代金を返済できる経済的な余裕はありません。弁護士に相談しても、保証人のサインをしてしまったために返済する義務があると説明されるだけです。結局不拘束ながら、詐欺罪で起訴されてしまったのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る