日本語の勉強のため「水戸黄門」やニュース番組を見ていた

公開日: 更新日:

♪たかが人生 なりゆきまかせ 男なんかは星の数ほど 泥んこになるまえに奇麗にあばよ 好きでいるうちに許してあばよ(「すずめの涙」)

 韓国芸能界での揉め事と失恋の痛みに耐えかねて、日本に逃げるように向かったのは1984年のこと。

「当時日本では青江三奈さんやちあきなおみさんといった先輩がハスキー歌手として活躍していました。でも私のような20歳すぎの小娘が、40代の歌手に交じって人生の悲哀や未練を題材にして歌うのは若すぎるのではないかと自問自答の毎日でした。芸能事務所が用意してくれたマンションから永田町のキャピトルホテル(当時)まで暑い日も雨の日も歩いて通い、ソウルに残した母親にテレホンカードで国際電話をすることが日課でした。1000円のテレホンカードはすぐになくなりました。

 日本語の勉強のために部屋ではテレビをつけっ放しにして、水戸黄門などのドラマを見たり、ニュース番組もよく見ました。もちろん美空ひばりさんや島倉千代子さんの歌い方も研究しました。中・高時代には歴史や社会などの教科が好きな子供だったので、テレビを見ながら日本語を覚えました。それに日本のカラーテレビがとても奇麗に映っていたのも新鮮でした。私は韓国でカラーテレビの普及とともに育ったので、歌手の衣装にとてもこだわりがありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  2. 2

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  3. 3

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  4. 4

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  7. 7

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    伊藤健太郎を待ち受ける生き地獄…違約金・慰謝料・引退説

  10. 10

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

もっと見る