太刀川正樹
著者のコラム一覧
太刀川正樹ジャーナリスト

1946年、東京生まれ。国際ジャーナリスト。早稲田大学教育学部英文科在学中、韓国国立ソウル大学語学研究所へ留学、韓国語を学ぶ。講談社の日本語版「ペントハウス」ニューヨーク特派員などを経験。著書・訳書に「政権交代」「平壌十五号官邸の抜け穴」「オリンピック30年」など。

ファンクラブ名誉会長になっていただいた小泉純一郎元首相

公開日: 更新日:

 私が日本で一番思い出深い日本人政治家といえば、やはり小泉純一郎元首相です。小泉先生とは確か、1994年か95年ごろの夏、都内の小料理屋で偶然お会いしてから親しくなりました。小料理屋で私の顔を見ると、いきなり、「あんたの歌が大好きなんだよ」と気さくに笑いながら声を掛けていただきました。その後、私のファンクラブ名誉会長にもなっていただいたことも、韓国で大きな話題になりました。

 私のデビュー曲「大阪暮色」の歌詞の中で、“騙された私があほやねん”のフレーズを口ずさんだりしていました。でも、後から聞くと、一番好きな歌は「酔いどれて」とのことです。後に首相として訪米、ブッシュ大統領(ジュニア)とテキサス州の別荘で会談した時、プレスリーのようにギターを持って歌うジェスチャーをしている場面をニュースで見て、よほど歌が好きなんだなと思いました。芸能人のことをよく知っている様子でしたよ。息子さんの進次郎さんが今回フリーアナウンサーの滝川クリステルさんと結婚しましたが、やはり、芸能界好きのDNAがあるのかもしれませんね(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  7. 7

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  8. 8

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  9. 9

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  10. 10

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

もっと見る