太刀川正樹
著者のコラム一覧
太刀川正樹ジャーナリスト

1946年、東京生まれ。国際ジャーナリスト。早稲田大学教育学部英文科在学中、韓国国立ソウル大学語学研究所へ留学、韓国語を学ぶ。講談社の日本語版「ペントハウス」ニューヨーク特派員などを経験。著書・訳書に「政権交代」「平壌十五号官邸の抜け穴」「オリンピック30年」など。

保守的で閉鎖的な韓国社会と芸能界に絶望していたところ…

公開日: 更新日:

 桂銀淑は1962年7月28日、忠清南道で生まれた。両親は桂銀淑が生まれる前(妊娠中)に離婚。彼女には父親の記憶がない。上京後、母親が繁華街明洞で小さな売店を開き、幼い桂銀淑も新聞売りや1個40ウオンの原価で買ったビニール傘を60ウオンで売ったりして家計を助けた。77年、ソウル市内の商業高校在学中、当時では珍しい女子高生モデルとしてシャンプー製品のCFモデルとしてデビュー。

 79年には活発で明るいイメージの彼女に歌手としての才能も認められて、韓国では最大手ソラボル・レコードと契約、「待っている女心」や「歌って踊って」などのヒット曲を放ち、80年にはMBC放送10大歌手歌謡祭新人賞を受賞。その頃、韓国歌謡界には日本でも知られる李美子が頂上を極めていた。歌手デビューのオーディションではディスコ風歌手の派手な身ぶりの金秋子の歌を歌った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る