太刀川正樹
著者のコラム一覧
太刀川正樹ジャーナリスト

1946年、東京生まれ。国際ジャーナリスト。早稲田大学教育学部英文科在学中、韓国国立ソウル大学語学研究所へ留学、韓国語を学ぶ。講談社の日本語版「ペントハウス」ニューヨーク特派員などを経験。著書・訳書に「政権交代」「平壌十五号官邸の抜け穴」「オリンピック30年」など。

朴槿恵前大統領の親族詐欺男性の言葉を信じたばかりに…

公開日: 更新日:

 2014年1月には韓国KBS「開かれた音楽会」や「KBSコンサート7080」に出演して、母国での音楽活動を再開しました。日本からも作曲家の中村泰士さんも駆けつけて、3曲を提供していただき、その年の秋から音楽配信する準備も進めることになっていました。中村泰士先生は1972年の「喝采」と82年の「北酒場」で2度もレコード大賞を受賞するヒットメーカーで、韓国でも“桂銀淑復活のために韓国入り”とマスコミでも報じられました。私たちは熱心なクリスチャンという共通点もありました。

 着々と復帰に向かっている直前に、不思議な事件が次々と起きました。そのひとつがポルシェ詐欺事件といわれるものです。

 この事件で私は20年来の付き合いの男性に騙されたのです。この男性は朴槿恵前大統領の5親等にあたる親族(朴正煕元大統領の2番目の兄・朴相煕氏の次女ゲオクさんの長男)で、金鐘泌元首相夫人の朴栄玉女史は朴相煕氏の娘ですから、血筋としては文句ありません。私はすっかり信用していたのです。この男性の紹介で金元首相とも一緒に食事をしたこともありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  4. 4

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  5. 5

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  8. 8

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  9. 9

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  10. 10

    阪神1位指名の近畿大・佐藤輝明は前代未聞の大型内野手

もっと見る