太刀川正樹
著者のコラム一覧
太刀川正樹ジャーナリスト

1946年、東京生まれ。国際ジャーナリスト。早稲田大学教育学部英文科在学中、韓国国立ソウル大学語学研究所へ留学、韓国語を学ぶ。講談社の日本語版「ペントハウス」ニューヨーク特派員などを経験。著書・訳書に「政権交代」「平壌十五号官邸の抜け穴」「オリンピック30年」など。

朴槿恵前大統領の親族詐欺男性の言葉を信じたばかりに…

公開日: 更新日:

 2014年1月には韓国KBS「開かれた音楽会」や「KBSコンサート7080」に出演して、母国での音楽活動を再開しました。日本からも作曲家の中村泰士さんも駆けつけて、3曲を提供していただき、その年の秋から音楽配信する準備も進めることになっていました。中村泰士先生は1972年の「喝采」と82年の「北酒場」で2度もレコード大賞を受賞するヒットメーカーで、韓国でも“桂銀淑復活のために韓国入り”とマスコミでも報じられました。私たちは熱心なクリスチャンという共通点もありました。

 着々と復帰に向かっている直前に、不思議な事件が次々と起きました。そのひとつがポルシェ詐欺事件といわれるものです。

 この事件で私は20年来の付き合いの男性に騙されたのです。この男性は朴槿恵前大統領の5親等にあたる親族(朴正煕元大統領の2番目の兄・朴相煕氏の次女ゲオクさんの長男)で、金鐘泌元首相夫人の朴栄玉女史は朴相煕氏の娘ですから、血筋としては文句ありません。私はすっかり信用していたのです。この男性の紹介で金元首相とも一緒に食事をしたこともありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る