沢口靖子「科捜研の女」勤続20年で放送“217回”の偉大さ

公開日: 更新日:

「科捜研の女」(テレビ朝日系)が先週、20周年の区切りを迎えた。連続ドラマとして偉業だが、特筆すべきは20年で、シーズン19となる今期が春から1年間、放送していること。この編成(というか待遇)は異例だ。

 スペシャル版を除く全話はシーズン18で199話。先週までの18話を入れて217話! ワンクール放送の時期もあっての200話超えだ。

 現在放送中の同局の長寿ドラマ「相棒」と比較すると、こちらは今期でシーズン18となり、ほとんどが2クール放送だから今週分を入れると、326話。しかし、古くからやっている印象の「相棒」だが、スタートは2002年(※プレシーズンは00年)で、「科捜研の女」は1999年だから、水谷豊の右京より沢口靖子のマリコ先生の方が先輩なのだ。

 ちなみに、同局の「はぐれ刑事純情派」(藤田まこと主演)はスペシャル版まで入れれば覚えやすい444本!(長嶋茂雄の本塁打数と同じ)で数年後に「相棒」が抜きそうだが、「科捜研」も抜けない数字ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る