沢口靖子「科捜研の女」勤続20年で放送“217回”の偉大さ

公開日: 更新日:

「科捜研の女」(テレビ朝日系)が先週、20周年の区切りを迎えた。連続ドラマとして偉業だが、特筆すべきは20年で、シーズン19となる今期が春から1年間、放送していること。この編成(というか待遇)は異例だ。

 スペシャル版を除く全話はシーズン18で199話。先週までの18話を入れて217話! ワンクール放送の時期もあっての200話超えだ。

 現在放送中の同局の長寿ドラマ「相棒」と比較すると、こちらは今期でシーズン18となり、ほとんどが2クール放送だから今週分を入れると、326話。しかし、古くからやっている印象の「相棒」だが、スタートは2002年(※プレシーズンは00年)で、「科捜研の女」は1999年だから、水谷豊の右京より沢口靖子のマリコ先生の方が先輩なのだ。

 ちなみに、同局の「はぐれ刑事純情派」(藤田まこと主演)はスペシャル版まで入れれば覚えやすい444本!(長嶋茂雄の本塁打数と同じ)で数年後に「相棒」が抜きそうだが、「科捜研」も抜けない数字ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る