しゃべりも演技も好評なのに…松岡茉優に吹き始めた“逆風”

公開日: 更新日:

「可愛くて、しゃべりも達者で面白い」――そう評価されることが多かった女優の松岡茉優(24)。

 バラエティー番組では、どんなお笑い芸人を前にしても臆することなく一歩も引かない。その姿勢が人気を博し、女優業よりバラエティー番組出演が多かった時期もあったほどだ。

「面白い」

 それこそが松岡の持ち味だったはずなのだが、どうも近頃、風向きが変わってきたようだ。

 松岡は9月25日、映画「ひとよ」(11月8日公開)のジャパンプレミア試写会の舞台挨拶に出席。当日は他に、主演の佐藤健(30)や、鈴木亮平(36)、音尾琢真(43)らもいた。

 そこで松岡は「この映画の佐藤さんは汚いですよ! びっくりするくらい汚い。こんなにきれいな顔をしているのに!」「今まで見たことのない佐藤健さん、そして今まで見たことのない頼りない鈴木亮平さん。『西郷どん』はどこいった!」と、自ら率先して場を盛り上げ、そのトーク力には司会者も圧倒されていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  2. 2

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  3. 3

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  4. 4

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  5. 5

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る