元カレ入籍から10日…多部未華子“電撃婚”の微妙タイミング

公開日: 更新日:

 共同通信社の運営サイト「オーヴォ」のアンケート調査「この夏、面白かったドラマは?」で1位を獲得したのは、多部未華子(30)主演の「これは経費で落ちません!」(NHK)。10月1日、その多部が、写真家の熊田貴樹氏との結婚を発表した。3年前に撮影を通じて知り合い、交際に発展しゴールインに至ったという。

「3年前」と聞いてピンと来た人もいそうだ。ちょうどその頃、多部は人生の大きな転機を迎えた。2013年から約3年間にわたり交際を続けた俳優の窪田正孝(31)と破局を迎えたのだ。

 16年3月、多部が出演したトーク番組で「誰か(いい人)いないですか?」と発言したことで、窪田との破局が明らかになった。それまで公の場で自分の恋愛に関する発言をしたことがなかった多部の唐突なカミングアウトは、「破局後も窪田のことを意識していたため」と関係者たちは見ている。それほど、多部にとって“逃した魚”は大きかったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  8. 8

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

  9. 9

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る