大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

表現の自由の侵犯 「主戦場」騒動で問われる今後の映画界

公開日: 更新日:

 今年の東京国際映画祭が11月5日に静かに閉幕した。静か過ぎて寂しいくらいだったが、同時期に国内外で大きな注目を集めた映画祭が他にあった。KAWASAKIしんゆり映画祭だ。慰安婦問題を題材にした「主戦場」という作品の上映をめぐり、二転三転したからだ。

 コトは「主戦場」の上映が中止されたことに始まる。映画祭の共催者である川崎市が訴訟中である同作品の上映に難色を示し、映画祭側はそれを受け入れたのだが、若松プロダクションが猛抗議に出た。映画祭で予定されていた自社製作の2作品の上映取りやめを決断し、記者会見も開いて不当な中止を訴えた。是枝裕和監督も映画祭に参加し、中止を痛烈に批判した。

 これらがきっかけになり、映画祭は最終日の4日に「主戦場」を急きょ上映したのである。映画祭側は事後の状況で問題の重要さと大きさが分かり、対応能力を問われた。ただし、急きょの上映実施に対する川崎市側の意向はいまだに不明瞭だ。そもそも、川崎市は何を「懸念」していたのか。それはどこで誰によって生じたのか。すべて、分からずじまいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る