大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

表現の自由の侵犯 「主戦場」騒動で問われる今後の映画界

公開日: 更新日:

 今年の東京国際映画祭が11月5日に静かに閉幕した。静か過ぎて寂しいくらいだったが、同時期に国内外で大きな注目を集めた映画祭が他にあった。KAWASAKIしんゆり映画祭だ。慰安婦問題を題材にした「主戦場」という作品の上映をめぐり、二転三転したからだ。

 コトは「主戦場」の上映が中止されたことに始まる。映画祭の共催者である川崎市が訴訟中である同作品の上映に難色を示し、映画祭側はそれを受け入れたのだが、若松プロダクションが猛抗議に出た。映画祭で予定されていた自社製作の2作品の上映取りやめを決断し、記者会見も開いて不当な中止を訴えた。是枝裕和監督も映画祭に参加し、中止を痛烈に批判した。

 これらがきっかけになり、映画祭は最終日の4日に「主戦場」を急きょ上映したのである。映画祭側は事後の状況で問題の重要さと大きさが分かり、対応能力を問われた。ただし、急きょの上映実施に対する川崎市側の意向はいまだに不明瞭だ。そもそも、川崎市は何を「懸念」していたのか。それはどこで誰によって生じたのか。すべて、分からずじまいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る