「新聞記者」が発端…「宮本から君へ」助成金の忖度不交付

公開日: 更新日:

 安倍政権下での「忖度」が、芸術・文化の分野でエスカレートしている。「KAWASAKIしんゆり映画祭2019」では、“安倍友”文化人をこきおろした映画「主戦場」に対して共催の川崎市からストップがかかり、一時は上映中止となった(多数の抗議を受け復活)。

 また文化庁は、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」に対し、内定していた補助金の不交付を発表。さらに映画「宮本から君へ」に対する1000万円の助成金も突然取り消した。文化庁所管の日本芸術文化振興会によれば、麻薬取締法違反で有罪判決が出たピエール瀧被告の出演が理由という。だがこれまで振興会の助成金取り消しの前例はなく、あわてて交付要綱を今回の決定に沿って改正する後出しの対応が厳しく批判されている。こうした背景について映画批評家の前田有一氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  2. 2

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  7. 7

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る