<5>五社監督が「こいつはふっと怖い顔になることがある」

公開日: 更新日:

 才賀は古今亭朝次と名乗っていた二つ目時代からテレビドラマに出演している。師匠の志ん朝が「鬼平犯科帳’81」(萬屋錦之介版)に出演した「用心棒」の回では、商家をゆするごろつき役で出た。そして、1982年には映画でいい役が付いた。

「五社英雄監督の『鬼龍院花子の生涯』で、鬼龍院政五郎の仲代達矢さんの子分役でした。その役の俳優を探していた監督が、撮影所のテレビで笑点の大喜利を見たんですな。あたしを指さして、『こいつは、ふっと怖い顔になることがある。座布団を取られて、ふてくされる顔もいい』と気に入ってくれたとか」

 政五郎の女房の姐さん役が岩下志麻。才賀は彼女の体に触れたという。

「姐さんのボディーガード役ですから、癪(胃けいれん)を起こした姐さんの体を指圧で抑える場面です。映画を見た仲間たちは、『あんましてた』と言いましたが、あれは癪を抑えたんで。ただ、志麻さんの体にまたがって腰のあたりを押したのは事実で、もうけ役でしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  4. 4

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  5. 5

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

もっと見る