<5>五社監督が「こいつはふっと怖い顔になることがある」

公開日: 更新日:

 才賀は古今亭朝次と名乗っていた二つ目時代からテレビドラマに出演している。師匠の志ん朝が「鬼平犯科帳’81」(萬屋錦之介版)に出演した「用心棒」の回では、商家をゆするごろつき役で出た。そして、1982年には映画でいい役が付いた。

「五社英雄監督の『鬼龍院花子の生涯』で、鬼龍院政五郎の仲代達矢さんの子分役でした。その役の俳優を探していた監督が、撮影所のテレビで笑点の大喜利を見たんですな。あたしを指さして、『こいつは、ふっと怖い顔になることがある。座布団を取られて、ふてくされる顔もいい』と気に入ってくれたとか」

 政五郎の女房の姐さん役が岩下志麻。才賀は彼女の体に触れたという。

「姐さんのボディーガード役ですから、癪(胃けいれん)を起こした姐さんの体を指圧で抑える場面です。映画を見た仲間たちは、『あんましてた』と言いましたが、あれは癪を抑えたんで。ただ、志麻さんの体にまたがって腰のあたりを押したのは事実で、もうけ役でしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る