羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

公開日: 更新日:

 涙ぐみながら自説を展開して潔白を主張、そして同情を求める――。元タレントの羽賀研二被告(58)が強制執行妨害などの罪に問われた27日の那覇地裁、初公判で見せた言動は「かつてワイドショーの常連だった当時のまま」ともっぱらだ。

 当時とは「バカップル」との見出しもあった、タレントの梅宮アンナ(47)との交際が話題になった1990年代。94年に交際発覚後、巨額の借金が明るみに出て、アンナの父親の梅宮辰夫(81)は「希代のワル」と羽賀被告を評し、羽賀被告の前に立ちはだかった。それに羽賀被告は「誠意をもって」「誠意を示して」などとテレビを通じて訴えたものの、アンナにも愛想を尽かされ、99年に破局。アンナは今年に入って、羽賀被告の借金の連帯保証人になって、8000万円もの借金を肩代わりしていたことを公にした。

「別れて(他の人と)結婚しても、借金を返していました。親の反対を押し切って家を出たので、親に頼ることはできなかった。金策に走ったこともありました」などとテレビで語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る