羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

公開日: 更新日:

 涙ぐみながら自説を展開して潔白を主張、そして同情を求める――。元タレントの羽賀研二被告(58)が強制執行妨害などの罪に問われた27日の那覇地裁、初公判で見せた言動は「かつてワイドショーの常連だった当時のまま」ともっぱらだ。

 当時とは「バカップル」との見出しもあった、タレントの梅宮アンナ(47)との交際が話題になった1990年代。94年に交際発覚後、巨額の借金が明るみに出て、アンナの父親の梅宮辰夫(81)は「希代のワル」と羽賀被告を評し、羽賀被告の前に立ちはだかった。それに羽賀被告は「誠意をもって」「誠意を示して」などとテレビを通じて訴えたものの、アンナにも愛想を尽かされ、99年に破局。アンナは今年に入って、羽賀被告の借金の連帯保証人になって、8000万円もの借金を肩代わりしていたことを公にした。

「別れて(他の人と)結婚しても、借金を返していました。親の反対を押し切って家を出たので、親に頼ることはできなかった。金策に走ったこともありました」などとテレビで語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る