長谷川博己の前にも…沢尻「知られざる被害者の会」リスト

公開日: 更新日:

 合成麻薬MDMAの所持で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)。本人はMDMA以外にもコカインやLSDなど複数の薬物を10年以上使用していたと供述しているが尿検査の結果は陰性。

「毛髪鑑定にまで進むかは未定ですが、所持の上、使用を認めているので起訴は免れないでしょう」(社会部記者)

 逮捕後、沢尻容疑者を巡る報道はヒートアップ。一気にテレビ各局のワイドショーの“主役”に躍り出て、過去の奔放でやりたい放題の言動の数々に再びスポットライトが当たっている。

「NHK大河『麒麟がくる』のスタート前から泥を塗られた長谷川博己は今回の一件で最大の被害者ですが、沢尻は若い頃から仕事関係者や同世代のタレントや俳優とも衝突だらけのトラブルメーカーでした」というのは事情に詳しい芸能プロ関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る