長谷川博己の前にも…沢尻「知られざる被害者の会」リスト

公開日: 更新日:

 合成麻薬MDMAの所持で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)。本人はMDMA以外にもコカインやLSDなど複数の薬物を10年以上使用していたと供述しているが尿検査の結果は陰性。

「毛髪鑑定にまで進むかは未定ですが、所持の上、使用を認めているので起訴は免れないでしょう」(社会部記者)

 逮捕後、沢尻容疑者を巡る報道はヒートアップ。一気にテレビ各局のワイドショーの“主役”に躍り出て、過去の奔放でやりたい放題の言動の数々に再びスポットライトが当たっている。

「NHK大河『麒麟がくる』のスタート前から泥を塗られた長谷川博己は今回の一件で最大の被害者ですが、沢尻は若い頃から仕事関係者や同世代のタレントや俳優とも衝突だらけのトラブルメーカーでした」というのは事情に詳しい芸能プロ関係者だ。

「沢尻が若いころの“被害者”として知られるのは今は同じ事務所に所属する紗栄子ですよ。複数の若いタレントが出演する番組で共演したが、同じ男性タレントを取り合ったことで沢尻がプッツン。ほかの出演者を囲い込んで紗栄子を仲間外れにしたそうです」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める