城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

獄中逮捕の羽賀研二は“自身”のサイズでアイドルを口説いた

公開日: 更新日:

 詐欺事件で沖縄刑務所に服役中の羽賀研二容疑者(57)が、強制執行妨害などの疑いで獄中で逮捕された。詐欺事件の被害者への賠償として、所有する不動産が差し押さえられないようにするため、妻と離婚した上で財産分与し、不動産の所有権を移転する資産隠しの偽装離婚の疑いが持たれている。

 約3億7000万円をだまし取った詐欺事件では懲役6年が確定し、今年中に出所の予定だった。被害額を含め総額3億9000万円の返還支払い命令も出ているが、羽賀は「金がない」と主張していたという。

 実際は、元夫人に名義変更した沖縄の複数の不動産の家賃収入が1カ月に340万円もあったというから驚きだ。

 羽賀は梅宮アンナ(46)との交際当時には、我々ワイドショーの取材を受けまくったものだ。梅宮辰夫(80)が怒っているというので羽賀のところへ行くと、「誠意」を連発して「誠意大将軍」と呼ばれたし、「バカップル」という言葉の元祖でもあるが、本当に“誠意”を持って僕らの質問に答え、30分でも、時には1時間でも変わらぬ態度で応じたもの。内容はなくても、結局、我々はいつもけむに巻かれて終わりという感じだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る