さんまが「激励会」も宮迫と亮がいまだに復帰できない理由

公開日: 更新日:

「SNSの影響などもあり、不祥事を起こした芸能人が以前に比べ復帰しにくくなっている傾向があります。以前は“復帰させたところで、視聴率が低かったら、自然に消えていく”というテレビ局の自然の摂理の話だったのですが、今どきは、SNSで批判の声が高まったり、スポンサーに電凸(電話で見解を問いただす)したり、否定する人の声が世間に届きやすくなっているんです。ある大手スポンサーは、“クレームが100件来たら、代理店に話す”という基準があるそうです。代理店に言えば、それが局に伝わり、局はすぐ検討せざるを得なくなるんです」(テレビ局関係者)

 さらに前出の芸能関係者によると「最近は、何かの犯罪で明確に判決が出たほうが、“執行猶予明け”のタイミングで復帰のきっかけをつくれたりもするんですが、かえって謹慎などの場合、復帰のタイミングが計れないという“逆転現象”も起きている」という。

 いずれにせよ、宮迫、亮が、心機一転、真っ白な気持ちで復帰できる日はまだ先のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る