二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

宮迫博之「激励会」レポートに“芸人”さんまの真骨頂を見た

公開日: 更新日:

「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」

 21日に開かれた明石家さんま(64)主催の雨上がり決死隊・宮迫博之(49)の激励会。各局番組制作者や芸人仲間ら100人が集まった。闇営業問題で吉本興業と対立する形になった宮迫を「俺が面倒見る」と名乗り出ていたさんまが、言葉から行動に出た会。交流の深い関係者に対して“宮迫をよろしく”という宣言の場でもあった。年明けにも宮迫の芸能活動復帰が確実視されている。

 タレントの独立はなにかと厄介なことの多い芸能界。復帰に際しても見えない壁で右往左往する人もいるが、さんまの復帰策は「さすが」と業界内からも称賛される。「芸能界の酸いも甘いも知るからなせる業」という一面もあるが、芸人・さんまの真骨頂でもあろう。

 東京を主戦場にする吉本芸人の大半はダウンタウンの松本人志(56)を筆頭に吉本の養成学校「NSC」出身。芸人を出発点にタレントになる。さんまは落語家・笑福亭松之助(故人)の弟子からこの道に入り、徒弟制時代で鍛えられている。今やバラエティー界を席巻しタレントのイメージの強いさんまだが、本質は芸人である。そんな芸人魂を垣間見ることもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  3. 3

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  10. 10

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る