カラテカ入江「清掃会社設立」ウラに隠れたしたたかな計算

公開日: 更新日:

 芸人に闇営業を仲介したとして、吉本興業を契約解除となったカラテカ入江慎也(42)が8月28日に初めてメディアの前に姿を現した。渋谷駅周辺の清掃ボランティア団体の活動に参加し、取材に訪れた複数メディアの前で謝罪した。

「これまでメディアを避けていたのに、今回はスポーツ紙などの取材に積極的に応じていた印象です。マイクを向けられても明るく真摯な態度で謝罪の言葉を口にしています。反省している様子も伝わるし、さすが、コンサルタント会社を運営していただけのことはあります」(芸能ライター・弘世一紀氏)

“失敗”といわれている宮迫博之(49)の号泣会見を反面教師にしたのだろうか。ただ、今後の活動について、入江は「いろいろ修業しようと思います」「信用を取り戻すために、ひとつずつやっていきたい」と殊勝な言葉を口にしたものの、具体的な方向性は示さなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  7. 7

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    ZOZOは4000億円で…メルカリやAmebaTVはいくらで買える?

  10. 10

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る