カラテカ入江「清掃会社設立」ウラに隠れたしたたかな計算

公開日: 更新日:

 芸人に闇営業を仲介したとして、吉本興業を契約解除となったカラテカ入江慎也(42)が8月28日に初めてメディアの前に姿を現した。渋谷駅周辺の清掃ボランティア団体の活動に参加し、取材に訪れた複数メディアの前で謝罪した。

「これまでメディアを避けていたのに、今回はスポーツ紙などの取材に積極的に応じていた印象です。マイクを向けられても明るく真摯な態度で謝罪の言葉を口にしています。反省している様子も伝わるし、さすが、コンサルタント会社を運営していただけのことはあります」(芸能ライター・弘世一紀氏)

“失敗”といわれている宮迫博之(49)の号泣会見を反面教師にしたのだろうか。ただ、今後の活動について、入江は「いろいろ修業しようと思います」「信用を取り戻すために、ひとつずつやっていきたい」と殊勝な言葉を口にしたものの、具体的な方向性は示さなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る