V6森田剛に長期休養情報 主演舞台を区切りにりえと妊活か

公開日: 更新日:

 現在の英国演劇界を牽引する劇作家、サイモン・スティーヴンスの最新作「FORTUNE」(東京芸術劇場)の初演が1カ月後に迫っている。同作は母国・英国に先駆けて日本で上演される。演出は英国を代表する劇場「リリック・シアター」で芸術監督を10年間務めた演劇界の大御所、ショーン・ホームズ。非常に緻密で、役者泣かせの演出家として英国演劇界では有名な存在だ。

 そんな舞台で主演のフォーチュン役を務めるのが森田剛(40)。名誉と財産、そして恋人の歓心を買うために悪魔に魂を売ってしまう映画監督を演じる。そんな森田が思いを寄せる相手役は吉岡里帆(26)。若くて美しい既婚の映画プロデューサーを演じる。

「英国演劇界を代表する劇作家の作品で、繊細な演出力が評判の演出家が演出を担当するということで、出演者の間では台本を読む段階から重苦しい空気が漂っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る