13歳の少年から家康まで…地味系ジャニーズ風間俊介の異能

公開日: 更新日:

 坊主頭で「僕、13歳です」と言われたなら、「うん、そうだろうな」と思えてしまう。だが、家族を連れて動物園で「いいパパ、してます」と言われたとしても、これまたうなずける。

 来年1月5日スタートのNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で、徳川家康を演じることが決まった風間俊介(36)の話だ。ジャニーズ事務所に所属する風間は驚くほどに童顔だが、決してそれだけが武器というわけじゃない俳優だ。

 風間は現在、テレビ朝日系の連ドラ「やすらぎの刻~道」に出演中。主人公は石坂浩二(78)が演じる脚本家の菊村栄だが、菊村が執筆する脚本がドラマ内で展開され、その劇中劇の主人公を演じているのが風間と、清野菜名(24)である。

「時代設定は昭和初期から始まっており、風間はこの役のために、人生で初めて坊主頭になった。この役にかける意気込みは並ではないともっぱらです」(テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る