芸能人移籍トラブル必至の声が…“新契約書”のお粗末な中身

公開日: 更新日:

新しい地図」の稲垣吾郎(46)、草彅剛(45)、香取慎吾(42)が、大晦日に放送される「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の年越しSPに出演するという。

 今年はこの“元SMAP”3人のテレビ出演に圧力をかけた疑いで、“市場の番人”公正取引委員会ジャニーズ事務所を注意したことが明らかになり、タレントの事務所移籍トラブルがクローズアップされた。その後、公正委がこうしたトラブルをなくすよう呼びかけたこともあり、大手芸能事務所で構成される業界団体「日本音楽事業者協会」(音事協)が契約書のひな型を改善する作業を進め、それが大詰めを迎えている。

 関係者によれば、従来は所属タレントが更新を希望しなくても、事務所の意向で一回に限り更新ができる条項があったといわれる。

 しかし新たな契約書のひな型では、同様の更新のケースではそのタレントの育成費用が回収できていない場合にほぼ限定されるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  5. 5

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る