映画「決算!忠臣蔵」健闘 討入りなしでも満足度大の理由

公開日: 更新日:

 女性や子供たちの間で大ヒット中の「アナ雪2」ブームに隠れているが、「決算!忠臣蔵」も、客層は違えど堅調な興行を繰り広げている。公開から3週目も興収ランキング5位に食い込み、4週目も堅調。アニメや洋画大作が並ぶ中で異彩を放っているのだ。

 とはいえ忠臣蔵といえば、この時期の定番ながら食傷気味なのもまた事実。それでも本作には、類似作品とは一線を画する特徴があるという。映画批評家の前田有一氏がこう解説する。

「なんとこの映画には、吉良邸討ち入りのシーンがありません。その代わりに、主君亡きあと倒産状態に陥った播磨赤穂藩が、財政的事情で討入りに追い込まれる裏事情と、討入りの詳細な予算内訳の発表がクライマックスになっています」

 堤真一と岡村隆史のダブル主演で、監督は「殿、利息でござる!」(16年)の中村義洋。東京大学の山本博文教授の歴史解説書「『忠臣蔵』の決算書」を元に、中村監督自ら脚本化したオリジナル作だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  7. 7

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  8. 8

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  9. 9

    松坂桃李ピカ一のポンコツ男 地で行くダサさに∞の可能性

  10. 10

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

もっと見る