ハリウッド進出も 沢尻エリカ“復帰計画”がもう動き出した

公開日: 更新日:

 12月6日、麻薬取締法違反の罪で起訴された沢尻エリカ被告(33)は即日、保釈金500万円を払って保釈された。

 今年、同様の事件を起こして逮捕・起訴された電気グルーヴピエール瀧(52)は事務所を解雇され、元KAT-TUN田口淳之介(34)は報道陣の前で土下座した。ところが、沢尻を乗せたワンボックスカーは警察署を出ると都内の病院に直行。車を降りる際も、関係者が車から通用口の間を黒い幕で覆って隠し、外側から病棟内が見えるガラス張り部分も黒い幕で覆う徹底ぶりだった。

「病院にはVIP用の特別病棟があり、親族や関係者の出入りはすべて専門スタッフしか分からないようになっています。一般病棟のスタッフに情報は漏れてきません。ほかの施設に転院したとしても我々には分かりません」(病院関係者)

 どうやら沢尻被告の所属事務所は、薬物依存からの脱却を含めて彼女を徹底してフォローするつもりのようだ。彼女が関係各所に与えた損害額は10億円とも言われており自らの預貯金で弁済するのは無理に違いない。恐らく、事務所が一時的に肩代わりすることになり、いずれ回収するための「布石」とも取れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る